脱毛業界 脱毛エステサロン

脱毛業界の裏話

私は脱毛エステに勤めて4年目になる某有名脱毛エステのエステティシャンです。

 

脱毛業界の世界で仕事をしてきた私はその世界の良い面も悪い面も見てきました。

 

実はこの夏で結婚による円満退社をします。
「脱毛業界から足を洗うのでもう話しちゃってもいいかっ!」って感じで、皆さんの知りたいであろう脱毛業界の裏話をしたいと思います。

 

ただ、これから話す内容は私のお店での話も混じっているので脱毛業界が全て同じって訳でもないので、その辺はあしからず。。。

 

 

えーと、どの辺りからお話しようかと迷いますが、まずスタッフの質について。

 

エステ界に勤めるスタッフは営業ができる人間しか生き残れません。
つまり大人しい子は働き始めて数ヶ月後には辞めているパターンが非常に多いです。

 

それは何故かっていうと、各店舗ごとに月の目標売り上げが設定されていて、その数字をスタッフ全員が追います。

 

売上がたちやすい春先〜夏にかけては放っておいてもお客さんが来てくれるからいいのですが、冬場などは新規顧客の獲得も難しい季節で、い売上を上げるためには営業努力が必須となります。

 

脱毛にしろ、エステにしろ、施術中が唯一の売り込みできるタイミングなので、いかに自然に商品の話や、契約の話を折り込めるかが勝負となります。

 

それで売上が上がってこないと、スタッフ個別の売上はみんながはっきりとわかっているので、白い目で見られる対象になるのです。

 

そんな目線を浴びる売上が作れないスタッフは居心地が悪くなり、やがて辞めてしまいます。

 

生憎、私はそのような状況になりませんでしたが、同期の大半はそのような理由で辞めてしまいました。

 

店舗の月売り上げが目標に達しない場合はスタッフ自身が商品を購入したり、自らの脱毛の契約で穴埋めをする時もあります。

 

結構大変な職業でしょ(笑)?